Entries

江差追分第46回全国大会にいってきた

北海道檜山郡江差町といってもたいがい北海道のどの辺に位置する町なのか、知らない人が多いと思う。函館から西北西にある小さな町なのだが、九月の第三金・土・日曜日になると、全国から人々がやってくる。江差追分の全国大会が開かれるのだ。函館からJR北海道の江差線に乗って、約二時間二十分。日本海に面した長い海岸線の町先にかもめが羽ばたいているような形のかもめ島があり、北の大地に張り付くように町並みが続いている。
 その昔は「江差の春は江戸にもない」といわれるような賑わいで、鰊漁が衰退期を向かえた大正時代頃から、少しずつ緩慢にその経済の主導権を函館に渡し、いまでは江差追分の故郷として有名なばかりで、これといった地場産業も無く、ついに人口も一万を割ってしまった。
 その町が八月の姥神神宮のお祭りと九月の江差追分の大会には、久しぶりに活気を取り戻す。

 私が始めて江差を訪ねたのは、昭和54年で、町の高台にある体育館が会場だった。いまは立派な文化会館が会場だが、片手に座布団を抱かえ、飲み食いする弁当を持ち、「今年の唄の出来はどうだろう」とばかりのいずれも追分に一過言持っている人たちが観客だ。会場の外では、本選に出る前に尺八とあわせて声を張り上げ練習をしている光景を見て、私は「いま本気で歌ったら本選で体力をなくしてしまうだろうに」なんて思いながら、会場に入ると、狭い会場とはいえ中は熱気でむんむん。
出る人出る人、~かもめの鳴くねにふと目をさまし あれがえぞ地のやまかいな~の追分の歌詞を
渾身の力で唄う。節回しに崩れがあると、観客は落胆とも嘲笑ともつかぬ声を上げる。
老若男女各々の人生の唄だ。追分の魅力にはまってしまった。
確かに「日本人に生まれてほんとによかった」と思わせる何かがこの唄には潜んでいる。
小さな恍惚感に浸って三十年経ってしまった。
まだ私がサラリーマン時代、夏のボーナスをもらうと、ほとんど毎年の行事のように九月初頭の越中八尾の「風の盆」と第三土日の「江差」には顔をだし、その空気を吸ってきた。何十回となく江差に行っては、歴代の優勝者の歌声を独り占めするかのように、録音させていただいてきた。数十年にわたって録音してきたものが数年前に40人もの数になり、CDも自社で発売したが、そろそろ個人のやるような仕事でもあるまいと思い、今年、その録音物と原版権を江差追分会に寄贈したところ、江差町が「善行表彰」といただけるということになって、今年の全国大会には思い出深いものになった。
今では物故された優勝者もおり、私のこの仕事がいささかでも役に立っているなら、ありがたいことだ。本来ならNHKなり、大レコード会社なり、行政がやるべき仕事だろうが、現在の経済至上主義の世の中ではおそらくできえなかった仕事かもしれない。それにしても表彰状の中に「奇特な行い」とあり、いささか面映い。
今年で46回目の大会。数多い民謡の全国大会の中でも格段に歴史が古い。
家族四人で、終了後江差からフェリーに乗り奥尻島へ行き、湯の浜温泉につかり、飛行機で函館に戻り、湯の川温泉の銭湯に浸かって温泉ずけの楽しい旅であった。
スポンサーサイト



,百瀬博教哀悼!

百瀬博教さんが死んだ。その訃報にいうべき言葉もない。本当にびっくりした。
百瀬博教さんとは、相撲・プロレス・裕次郎・東京・市川・映画・俳句・下町・演芸・芸人・珈琲などなど、キーワードが自分のモノと重なり、私は常に彼の生き方を気にしていた。
友人からの連絡によると青山の自宅の風呂場で倒れていたという。存分に自分らしく生きた百瀬さんだから、本人にとって満足の人生だったと思う。
百瀬さんは私より年上だが、いくつ上なのか正確には知らない。おそらく7,8歳兄貴の六十代半ば。六十代にしてますます盛んで活動的。六尺・二十五貫を超える大男で、若いときに市川学園相撲部でマワシを締めて鍛えたことで、体躯は逞しかった。鳥越祭りのきりりとした半纏姿が思いで深い。
いつも目深におしゃれなキャップをかぶり、きちんとしたものの云いようは上等で良質な日本人を思わせた。博学にして決して偉ぶらず、とはいえきっちりと言うべきことを言う本当に素晴らしい人だった。
週刊文春に連載された「不良ノート」のエッセイは、その文章力、記憶力、見識、すべてにわたって彼が一級の人間であったことを現している。サイデンステッカとの『私の東京』や『中年不良ノート』『詩集絹半纏』『僕の刀』『百瀬博教 自作自演の喜劇』『ANIKI』 など多くの著作本が、私の書棚に残る。最近はテレビ東京で彼を慕う若手と東京を歩く番組をやっていた。
東京の下町、特に相撲場のある両国、浅草をはじめ広く東京には造詣が深かった。鳥越祭りには『百瀬』の半纏を羽織った男たちが、御輿を担いでいた。多少周囲の担ぎ手に顰蹙をかった事もあるが、「百瀬」の神酒所をつくって親しい人たちを招待して歓待していた。私の親父が死んだときには、丁重な弔電を頂いた。小島貞二の相撲本をこよなく愛し、また息子の私の『江戸東京重ね地図』『ご存じ古今東西噺家紳士録』などの仕事にも深く理解を示してくれた。
東京や日本文化に限りない誇りと愛着心をもち、今の世の中になかなか会うことが出来なくなってしまった「大旦那」ぶりが本当に懐かしい。若気の至りで拳銃保持で刑務所に入っていた、金貸し業だとか、市川のやくざ上がりだとか、マイナスのイメージが流布されてもいるが、彼の読書量は膨大で、彼の市川のマンションに伺ったことがあるが、その蔵書には圧倒された。刑務所に入っている間に「本を読まねば生きていけない身体になってしまったよ」と地元市川の行きつけの麻生珈琲店で語っていたのがついこの間のことであった。
もっといろいろな話を聞きたかった。
アントニオ猪木と格闘技のプロデュースをやったり、山本健吉先生に師事した俳句にも造詣が深く、経済の現場からスポーツ,文学の世界までその活動範囲は幅広かった。
またひとり、上等な日本人がいなくなってしまった。ご冥福をお祈りします。


プリティ長島トップ当選

 私の住んでいる市川市での市議選の結果、ものまね芸人の「プリティ長島」さんが1万782票のダントツトップ当選。テレビで顔が売れているからとはいえ、2位の候補者のほぼ2倍の得票数。選挙も一つのイベントと考えれば何でもありなのだろうが、なんだか国会の衆愚政治の延長を見せられた感じで一言申し述べておく。
 候補者ひとりひとりはそれなりの見識と政策を持っているのだろうけれど、その人となりや主張が、これだけの情報社会の中でなかなか伝ってこない。
あわせて我々有権者も積極的にそれらを知ろうとしない。。
 だから名前の知っている人に投票しようということなのだろうが、最低限の公約は明らかにして貰いたいものだ。
 有権者が政治に無関心でシラケていることで得票率は41.3%と、わが市川市は千葉県でも最低だった。国民がもつ権利の一つ、政治家を選ぶ選挙権もビートたけしが何かに書いていたように、何らかの形で義務化しなければならない世の中になっているのではないかと思う。
宮崎県の東国原知事はよくやっているように今のところ見えますが‥‥。

スローライフ 南小谷炉辺閑談 

元旦も落ちついて平常の生活に戻ろうとしている10日、長野南小谷の知人宅でこの上ない時間をすごすことが出来ました。囲炉裏のある民家で、その家の主人が贅を尽くした湯船に浸って、普段飲めない酒を少しいただいたほろ酔いで、丸橋忠弥じゃないけれど「こいつぁー春から縁起がいいワイ」の気分でした。姫川の雪景色を目のあたりにして、持参した矢田挿雲」「江戸から東京へ」(中公文庫’75)2-5の浅草・本所を読了。いつ読んでも新しくて面白い。どこからでも読み進めるからちょうど良い。以前読み飛ばしたエピソードに時間の移ろいを忘れる贅沢さ。そういえば、矢田挿雲は、その晩年私と同じ市川に住んでいたことまで思い出し、あの膨大な江戸東京の資料は、今どうしたのかとどうでもいいことを思ったり、ひと時の満たされた幸福を味わいました。
 
 人里はなれた自然の静寂の中では人間誰しも抱く感慨ですが、悠揚と流れる時間が無用なようでいて、とても密度の濃い一期一会の時間に思え、年の始めに抱く、わが身の来し方行く末をしみじみと考えるのでした。
 人類は高度な文明を発達させ、その巨大なエネルギーと犠牲を人類に強いた結果、消滅していった歴史を持っています。
マヤのマチュピチュやインダスのハラッパ、エジプト、どの文明も歴史の必然の中に消えていった。古代の賢者たちは人類の未来を諦観し、文明とは切り離された自然の悠々たる営みの中に、人間を返すことを選択してきたのではないのか、その結果いくつかの文明がなぞのように消えていったのではないかと思うのです。
現代のわれわれの暮らし方が、このままの消費文明を続けた場合、地球はあと150年も持たないと云われていますが、われわれ自身にとっても、また未来の人類にとっても、今の社会的なスピードをいったん緩めておく必要があるように思います。
どうも書き出しのイメージと締めの内容がワープする文章になるなぁ。

「ある明治人の記録 会津人柴 五郎の遺書」を読んで

いささか厄介な案件で市谷の弁護士事務所へ。
私のような何の背景を持たないフリープロデューサーの仕事は、人間の質を見分け、選りすぐることがもっとも大切で、仕事の上で何より重要なことで、その第六感を誤ると、思わぬ打撃を受け企画が狂い、無に帰してしまうことになります。いま自分の心血を注いだ企みが、大きく狂う瀬戸際にあり、そのことで弁護士さんとの時間を持ったわけ。
そんな問題を抱えながら、この正月に読んだ飛び切りの一冊を紹介します。
「ある明治人の記録 会津人柴五郎の遺書」石光真人編著(中公新書 252)。」
 昨年、会津若松を訪れた際、歴史の間で理不尽な扱いを受けてきた会津の歴史を改めて知り、駅の本屋で「愚直に生きる 幕末列伝・敗者の美学」早乙女貢著(集英社刊04)「会津落城 戊辰戦争最大の悲劇」星亮一著(中公新書05)を買い求め、帰りの新幹線の中で一気に読み、深い感銘を受けた余韻の醒めないうちに、自宅の書庫の整理の際、「裏切り 戊辰、新潟港陥落す」中島欣也著(恒文社92)、「魚沼の明治維新」磯部定冶著(恒文社91)とあわせ上記の会津関連書を見つけ出した。
 柴(しば)五郎翁は会津上級節の五男として生まれ、一族に多くの犠牲者を出している。落城後、俘虜として江戸に収容、後に下北半島の火山灰地に移封され、悲惨な飢餓生活を続けた。薩長藩閥政治が威信を飾り立てた歴史からまったく抹殺された暗黒の一節を書き留めている。
後年陸軍大将、軍事参議官になり昭和20年、87歳で没。血涙のにじんだ長いこと封印されてきたこの遺文を、編著者の石光真人氏が筆写し、構成された一級の会津秘史。読後、上等な感動をいただけます。
学生時代司馬遼太郎の「峠」を読んで以降、戊辰戦争の真実にふれ深く感動した。
正月「白虎隊」のドラマをやっていたようだが、このような資料が生かされたのだろうか。