Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://kojimakehondana.blog65.fc2.com/tb.php/25-076026c8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

スローライフ 南小谷炉辺閑談 

元旦も落ちついて平常の生活に戻ろうとしている10日、長野南小谷の知人宅でこの上ない時間をすごすことが出来ました。囲炉裏のある民家で、その家の主人が贅を尽くした湯船に浸って、普段飲めない酒を少しいただいたほろ酔いで、丸橋忠弥じゃないけれど「こいつぁー春から縁起がいいワイ」の気分でした。姫川の雪景色を目のあたりにして、持参した矢田挿雲」「江戸から東京へ」(中公文庫’75)2-5の浅草・本所を読了。いつ読んでも新しくて面白い。どこからでも読み進めるからちょうど良い。以前読み飛ばしたエピソードに時間の移ろいを忘れる贅沢さ。そういえば、矢田挿雲は、その晩年私と同じ市川に住んでいたことまで思い出し、あの膨大な江戸東京の資料は、今どうしたのかとどうでもいいことを思ったり、ひと時の満たされた幸福を味わいました。
 
 人里はなれた自然の静寂の中では人間誰しも抱く感慨ですが、悠揚と流れる時間が無用なようでいて、とても密度の濃い一期一会の時間に思え、年の始めに抱く、わが身の来し方行く末をしみじみと考えるのでした。
 人類は高度な文明を発達させ、その巨大なエネルギーと犠牲を人類に強いた結果、消滅していった歴史を持っています。
マヤのマチュピチュやインダスのハラッパ、エジプト、どの文明も歴史の必然の中に消えていった。古代の賢者たちは人類の未来を諦観し、文明とは切り離された自然の悠々たる営みの中に、人間を返すことを選択してきたのではないのか、その結果いくつかの文明がなぞのように消えていったのではないかと思うのです。
現代のわれわれの暮らし方が、このままの消費文明を続けた場合、地球はあと150年も持たないと云われていますが、われわれ自身にとっても、また未来の人類にとっても、今の社会的なスピードをいったん緩めておく必要があるように思います。
どうも書き出しのイメージと締めの内容がワープする文章になるなぁ。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://kojimakehondana.blog65.fc2.com/tb.php/25-076026c8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)